2010年春の遠足

坂東九番 都幾山(ときさん)慈光寺(こうじ)

―天台別院 一乗法華院への遠足―

 

皆様、新学期も始まり、早くも一ヶ月経ちました。慣れないことや、戸惑うこともあるかもしれませんが、それぞれ充実した新生活を送っていることかと思います。

この度、東洋大学仏教青年会・仏教会では、新会員との親睦を図って、以下のように春の遠足を企画しました。行き先は埼玉県の比企郡の慈光寺です。奮ってご参加下さい。

慈光寺は坂東三十三観音霊場の第九番札所で、国宝の法華経装飾写本をはじめ、多くの重要文化財を所蔵する天台の名刹です。

その歴史は古く、天武天皇2年(673)に興福寺の僧・慈訓が千手観音堂を建て、役小角も西蔵坊を設けて修験の道場を開いたことに由来します。その後、770年に鑑真(688763)より教えを受け、民衆から菩薩と崇められた釈道忠によって開山されました。平安時代の貞観年間には勅願所となり、天台宗別院、関東の中心的な寺院となりました。

 

開催日時  2010年5月16日(日)17時頃解散予定

出発・集合(1)東武東上線急行池袋 930分発(東武越生線・越生駅1043分着)

(2)JR八王子駅 908分発(八高線・明覚駅1028分着)

交通・村営バス  東武越生線・越生駅発車 1049分~慈光寺入口着 1129

JR八高線・明覚駅発車 1059分~慈光寺入口着 1115

(いずれも「役場第二庁舎前」で乗り換えあり)

   飯能寄居線を小川町方面へ、田中交差点(都幾川村役場)を白石峠方面に左折し、西平バス停先の信号を右折。

慈光寺 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平386  TEL 0493-67-0040

*慈光寺のURLhttp://www.temple.or.jp/index.html)やウィキペディアも参照して下さい。

 

宝物殿・金蓮蔵 (拝観料は仏教会から援助します)
国 宝     法華経一品経(三大装飾経のひとつ)、般若心経、阿弥陀経
重要文化財   慈光寺開山塔、銅鐘、金銅密教法具、紙本墨書大般若経、
県指定文化財  絹本着色徳川家康画像・天海僧上画像、木造聖僧文殊座像・阿弥陀如 

来座像・千手観音像、鉄造阿弥陀如来座像、経箱、青石塔婆

 

@担当・引率は仏教会会長渡辺章悟(仏青顧問)です。参加希望者は12日(水)までに、渡辺章悟研究室へ。 
電話: 03-3945-8458/メール: shwatanabe@toyonet.toyo.ac.jp
 
Comments